あなたはできている?正しい洗顔の方法とは?

皆さんは正しい洗顔について知っていますか?

洗顔はクレンジングの次に肌に負担のかかるプロセスといっても過言ではありません。
一日に最低1回は行う洗顔ですが、ほとんどの方が正しい洗顔ができていません。

そのため肌へ負担がかかり、傷めてしまっているのが現状です。
完璧な洗顔のテクニックを身につけて美肌へと導きましょう。

美肌になれる!?洗顔の方法とは?

ぬるま湯で顔を濡らす

手をきれいに洗って雑菌を落としてから顔をぬるま湯で洗います。

手を洗わないで洗顔すると手についている雑菌を顔全体に広めてしまいますので、必ず手をきれいにしてから行いましょう。

洗顔料をよく泡立てる

洗顔料を手のひらに適量とり、水を加えながら泡立てます。
この時、空気を含ませるように泡立てるのがポイントです。

MEMO
泡立ての目安は、手と手を重ね合わせ、あいだに泡のクッションができる程度です。
水が多いとゆるい泡になり、逆に少ないと濃度の高い泡ができ肌への負担がかかります。
適度に水を含ませてもちもち泡を作りましょう

泡立てるのが苦手な方は洗顔ネットを使うといいでしょう。

ファンケルの洗顔ネットは、ファンケル洗顔パウダー使用1回分の目安が量れるくぼみがついていて適量がすぐにとれる優れものです。
どんなタイプの洗顔料でもモッチリ泡がすぐに作れますよ。

Tゾーンから洗う

洗顔のスタートは、皮脂分泌の多い額や鼻にかけてのTゾーンです。
円をえがくようにくるくると軽くまわし汚れと泡ををなじませます。

頬などのUゾーンに泡をのせる

頬やあごなどのUゾーンにも泡をのせます。
泡を転がすようにして汚れとなじませます。
最後に皮膚の薄い目元や口元などの繊細な部分に泡をのせて軽くなじませます。

ぬるま湯で洗い流す

人肌程度のぬるま湯で泡を丁寧に洗い流します。
特にこめかみやフェイスライン、髪の生え際は泡が残りがちですのでしっかり泡を流すようにしましょう。

こんな洗顔はNG

泡立っていない

泡の量がすくないと洗顔料の濃度が高くなります。
泡がない分肌を擦って洗うことになりますので、摩擦の原因になります。

ゴシゴシこする

洗顔は摩擦で洗うのは肌への負担がかかります。
泡で汚れを落とすのが大切です。
こすって洗うと角層を傷つけてしまいますのでしっかり泡立てて軽くクルクルを汚れをなじませましょう。

すすぎが足りない

生え際やあごの下など泡がついたままだと肌への刺激になってしまいます。
すすぎはしっかり行い泡を残さないようにしましょう。

時間をかけすぎ

長々と洗顔をすれば汚れがスッキリ落ちるというわけではありません。
長すぎると肌への負担になります。
洗顔からすすぎまで1分~1分半間を目安にしてください。

冷水ですすぐ

肌を冷やすことで毛穴は一時的に締まったように感じますが、冷却効果は30分ともちません。
また急激な温度変化は赤ら顔の原因になることもあります。
すすぎは人肌程度のぬるま湯を使いましょう。

便利な泡立てネットのココに注意

洗顔料は水と空気を含ませながら適度な洗浄濃度にして使うのが最適です。
スピーディーにたっぷりの泡をつくれる泡立てネットは水が少なくても泡立つのが盲点です。
水が少ない泡は濃度が高く肌へ負担がかかりますので、適量の水を加えて泡立てるように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です