クレンジングオイルの特徴は?正しいクレンジングオイルの使い方

クレンジングオイルの特徴は、メイクと馴染みやすくて汚れをしっかり落としてくれる高い洗浄力があげられます。
その一方で、肌が本来持っている潤い成分まで落としてしまう危険性があるため、正しく使うことが必要です。
特徴を把握して、正しく使うことがとても重要です。

クレンジングオイルが他のクレンジングよりも優れている点は、滑らかな使い心地でメイク汚れや酸化した皮脂などを優しくしっかりと落とせるという点です。
濃いメイクや落としにくいメイクもゴシゴシと肌に負担をかけることなく落とすことができます。

使い方も簡単で落ちにくいポイントメイク落としも簡単にできます。
皮脂が酸化して肌に残ってしまっているようなときや、大気中の汚染物質などの気になる汚れもしっかり落とすことができます。脂っぽいTゾーンの汚れも無理なく落とすことができます。

クレンジングオイルには界面活性剤が多く含まれていて、その力によって汚れを浮かせることができます。
浮かせた汚れはぬるま湯ですすぐことで落とすことができます。

クレンジングオイルは濃いメイクを落とすのに最適

クレンジングオイルには界面活性剤が含まれているので、その分肌への刺激は強くなってしまうという欠点もあります。
そのため、薄いメイクのときにまで使うというよりも、濃いメイクのときに使う、ポイントメイクを落とすときに使うといった工夫をするとよいです。

肌への刺激は強くなりますので敏感肌の方にはあまり向きません。
必要な皮脂まで奪ってしまうので、乾燥肌の方にも向いていないクレンジングです。

濃いメイクをされる方、肌が強い方やメイクをすっきり落としたい方、忙しくてメイク落としに手間をかけたくないという方などに向いているクレンジングです。

メイクによってクレンジングを使い分けるのがおすすめ

クレンジングはメイクの濃さに合わせて使うほうが安心ですから、薄いメイクのときにまで使うというのはおすすめしません。
濃いメイクをした日に使う、メイクの濃い部分にだけ使うなど使い分けをするほうがよいです。

クレンジングオイルは他のクレンジング剤刺激が強いですから、薄いメイクのときにまで毎回のように使用していると、肌が乾燥したり、敏感になったりと肌のダメージに繋がる恐れがあります。

手間をかけずに濃いメイクも落とせる便利なクレンジングですが、だからといって、こればかりを使うというのは避けましょう。

クレンジングオイルは肌への負担を避けるため、正しく使うことも大切です。
洗浄力の高さは確かなものがありますので、濃いメイクを洗浄力の弱いクレンジングでゴシゴシ落とそうとするよりは、肌に負担をかけずに無理なく落とすことができますよ。

クレンジングオイルの使い方

手は清潔な状態で

クレンジングオイルを正しく使うためには、まずクレンジング前に手を洗って清潔にすることを忘れないようにしましょう。
手にはたくさんの雑菌がついていますので、そのまま肌を触ってしまうと肌に汚れがうつってしまいます。
まずは手を洗って、清潔にしましょう。

ポイントメイクは先に落とす


顔全体のメイクをクレンジングオイルのみで落とそうとするのはよくありません。
ポイントメイクは先に落としておきましょう。
無理に落とそうとすると肌への負担も大きくなりますし、汚れが広がってかえって肌に残りやすくなってしまいます。
ポイントメイクは先に落としてから、顔全体のクレンジングを行うようにしましょう。

手を温めてから

クレンジングオイルは、手のひらで温めてから使うのが基本です。
クレンジングオイルによって乾いた状態で使うものと濡れた手で使えるものがあります。
乾いた状態で使うものは、必ず乾いた状態で使いましょう。
説明書に従って使うのが基本です。
説明書通りに正しく使わないと洗浄力が落ちてしまい、かえって肌をゴシゴシとこすることになり、肌を傷めてしまう原因になります。

Tゾーンから

皮脂汚れの多いTゾーンから肌に乗せていきましょう。
時間をかければかけるだけ肌に負担がかかりますので、なるべく時間をかけずにクレンジングを行うようにしましょう。
少量の水を加えて乳化させていきます。
手のひらで乳化させて透明なオイルを白く濁らせていきます。

洗い流す

洗い流すときにはぬるま湯を使用しましょう。
熱すぎるお湯を使ってしまうと必要な潤い成分まで肌から奪ってしまうことになります。
もともと洗浄力が高いですから、落とし過ぎないようにぬるま湯を使用しましょう。
冷たすぎる水もよくありません。
オイル分が固まりやすくなってしまうので肌に残ってしまう危険があります。
そうなると肌にメイクの汚れものこってしまいますからクレンジングの意味がなくなってしまいます。
ぬるま湯をつかってキチンと落とすようにしましょう。

W洗顔も

ダブル洗顔が必要なタイプは、このあと、よく泡立てた洗顔料を使いましょう。
レンジングのみでは油性の汚れしか落とすことができません。
汗やほこりといった水性の汚れは、洗顔料で落としていきます。
このとき、落とし切れなかったクレンジングやメイク汚れなども落とすことができます。
ダブル洗顔不要のタイプの場合、洗顔料を使う必要はありません。
その分、すすぎ残しがあると悪影響がありますので、すすぎは十分に行いましょう。

しっかりすすいで汚れを落としたら、柔らかくて清潔なタオルで水分をふき取り、化粧水などをつけてスキンケアをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です